男性の抜毛の原因

男性の抜毛の原因

男性の抜け毛の多くは別名AGA(Androgenetic Alopecia)とも言われ、思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が薄くなって抜けていく「男性型脱毛症」とも言われています。
日本人男性の30%にこの傾向があり、500〜1000万人が治療を希望しているといわれています。

 

男性の抜け毛の原因は、多くは遺伝、男性ホルモンの影響、ストレス・生活習慣の影響が大きいと言われていますが、具体的には多様な要素が多く確実な原因はわかりません。ただ、大きな要因として、男性ホルモンの一種である「ジヒドロテストステロン(DHT) 」が挙げられます。男性ホルモンの一種であるテストステロンは、皮脂の分泌や毛母細胞の分裂などを促進させる効果を持っています。

 

このテストステロンが、毛髪や皮脂にある「5αリダクターゼ」という還元要素により活性化されると、5α-DHT(5α-ジヒドロテストステロン)というより強力な男性ホルモンを作り出します。そして、この5α-DHTという物質が、髪の元になるタンパク質合成を阻害したり、皮脂の分泌を過剰にして毛穴を詰まらせたりと、頭髪に数々の悪影響を与えてしまいます。特に、前頭部や頭頂部が男性ホルモンの影響を受けやすい部位なので、生え際や頭頂部から髪の毛が抜けやすくなるわけです。

 

ただ、この働きには遺伝による要因や喫煙などの生活習慣などによる要因、ストレスによる要因も複雑に絡み合っていて、詳しい仕組みは未だ解明されていません。「両親や祖父母が薄毛であると、子どもも薄毛になりやすい」という遺伝説も医学的にも認められつつあります。DNAにより、抜け毛や脱毛を引き起こす還元酵素5αリダクターゼの体内分布が決まってくることに原因があり、GAの原因の約8割が遺伝によるものという説もあるほどです。

 

 

他には暑さやストレス・生活習慣による、頭皮の温度上昇による抜け毛もあります。フケや皮脂の分泌物で毛根の周りが詰まった状態が続くと、頭は暖かくなり、細菌にとっては適度な湿度もあるため、細菌にとって居心地のいい棲みかとなってしまいます。これらの細菌の増殖によって、頭皮に炎症やかゆみ、吹き出物ができやすくなってしまいます。これらの原因で、頭皮が血行不良にになり、毛根に充分な栄養が行き渡らなった結果として抜け毛が多くなります。この要因は健康的な生活習慣をすることで、改善することが出来ます。

男性の抜毛の原因関連ページ

20代からの薄毛抜け毛の予防
最近では20代でも薄毛や抜け毛に悩む人が増えています。その原因にはストレスや大気の汚れ、普段のシャンプーのあり方など、周りをかこむ環境が関係しています。 抜け毛に気づくと、まず気になるのが「頭皮が汚れているかも」「毛穴に皮脂が溜まっている
男30代からは本気で育毛シャンプー
30代になってくると薄毛や抜け毛が気になる人は多くなってきます。まだまだ育毛剤や発毛剤のお世話にはならないぞ、と思っている人も、髪の毛と永いお付き合いするには、日頃からの育毛ケアに気を遣う