男 30代 本気 育毛シャンプー

男の30代からは本気で育毛を気遣わないと

30代になってくると薄毛や抜け毛が気になる人は多くなってきます。

 

まだまだ育毛剤や発毛剤のお世話にはならないぞ、と思っている人も、髪の毛と永いお付き合いするには、日頃からの育毛ケアに気を遣うことが重要になってきます。本気での育毛ケアに挑むには、「頭皮に優しい」ケアを普段から心がけることが大事。あなたの頭皮は健康ですか?

 

健康な頭皮の状態とは、頭皮が白っぽく適度に柔らかい状態を指します。ところが頭皮が老化したり不健康な状態になってくると頭皮の血流が悪くなって赤く炎症を起こし、頭皮のコラーゲンが減少して弾力がなくなり硬くなる傾向があります。

 

頭皮の状態が悪い状態になる原因として、「過剰に分泌された洗い残しの皮脂の状態」と頭皮や毛根にダメージを与える「刺激の強いシャンプー」、その他ストレスや不摂生な生活習慣などによる頭皮の血行の悪化が挙げられます。30代の多くの男性の頭皮というのは、長い間毛穴に詰まった状態が続いているために、毛根細胞の状態が弱り、薄毛や抜け毛が起こりやすい傾向にあるのです。

 

つまり、普段から頭皮に優しい成分で作られたノンシリコン系のシャンプーで、余分な皮脂や汚れをしっかり落とせば、育毛剤を使わなくとも頭皮の状態は改善することが出来ます。もちろん育毛剤を使うとその効果はシリコン系のシャンプーを使ったとき以上の効果が出ます。
なぜなら、ノンシリコン系のシャンプーは頭皮の汚れを浮かして、お湯で洗い流すように設計されています。これで毛穴に詰まった皮脂やゴミなどを、毛穴から取り除くことができて、毛穴の汚れをサッパリと落とすことができます。
「単純に市販のシャンプーじゃダメなの?」と言う疑問がありますが、市販で安く売られているシャンプーでは洗浄力が強く、頭皮を保護する皮脂膜まで洗い流してしまい皮脂の過剰分泌に繋がるだけではなく、髪の毛をコーティングする目的で配合されているシリコンを頭皮の毛穴に詰まらせてしまい、頭皮の状態をより悪い方向へ持って行ってしまいます。

 

より、頭皮の状態を良くしたいと思うなら、まずは自分の頭皮の肌質が脂肌性なのか乾燥肌性なのか知ることから始まります。その上で脂肌性なら毛髪だけでなく頭皮も洗い流し、フケやかゆみを防いでくれるタイプのものを、乾燥肌性なら適度に頭皮の皮脂を残して髪の毛の状態を維持してくれるものを選ぶとよいでしょう。

 

30代というのは育毛にとっては一つの分岐点となります。今からでも遅くはありません、本気で髪の毛の問題に取り組みましょう!

男30代からは本気で育毛シャンプー関連ページ

男性の抜毛の原因
男性の抜け毛の多くは別名AGA(Androgenetic Alopecia)とも言われ、思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が薄くなって抜けていく「男性型脱毛症」とも言われています。日本人男性
20代からの薄毛抜け毛の予防
最近では20代でも薄毛や抜け毛に悩む人が増えています。その原因にはストレスや大気の汚れ、普段のシャンプーのあり方など、周りをかこむ環境が関係しています。 抜け毛に気づくと、まず気になるのが「頭皮が汚れているかも」「毛穴に皮脂が溜まっている