男性 20代 薄毛 抜毛 予防

男性 20代からの薄毛抜け毛の予防

 

最近では20代でも薄毛や抜け毛に悩む人が増えています。その原因にはストレスや大気の汚れ、普段のシャンプーのあり方など、周りをかこむ環境が関係しています。

 

抜け毛に気づくと、まず気になるのが「頭皮が汚れているかも」「毛穴に皮脂が溜まっているのかも」と頭皮の状態を清潔にしようシャンプーに気を遣うようになりますよね。ちょっとまってください、そのシャンプー、本当に大丈夫ですか?

 

市販の安いシャンプーの多くは、強すぎる洗浄力とそれをカバーするためのシリコン財が含まれています。市販のシャンプーの多くはラウレス硫酸やパレス硫酸系、Na系の石油系界面活性剤を採用しています。これらの石油系の界面活性剤は洗浄力が高いので、必要な汚れだけでなく必要な皮脂の油や皮脂膜まで洗い流してしまうのです。そのため長期間使っていると頭皮の状態が悪くなり、頭皮が赤く炎症を起こしてしまいます。

 

そして、強すぎる洗浄力で剥がれた髪の毛のキューティクルをカバーし、手触りの向上やツヤを出すためにシリコンが使われているのですが、このシリコンが石油系界面活性剤で痛めてしまった頭皮に直接くっつくと、毛穴にこびりついてますます頭皮の状態を悪くします。たまに美容院などでダメージ対策にシリコンを髪の毛に付ける分には悪くないのですが、毎日シリコンシャンプーを使っていると、長期間の間にシリコンが頭皮や毛穴にたまり、30代になるころには頭皮の炎症で薄毛や抜け毛が酷くなる…といったことも起きてしまいます。

 

男性の場合その他にも、ホルモンやストレス、紫外線、大気汚染などのダメージによる薄毛や抜け毛の恐怖となる要因が沢山あります。今からででも薄毛や抜け毛の予防のために頭皮ケアを始めても遅くはありません。普段からノンシリコンのシャンプーを利用して頭皮の健康を維持していけば、歳を取っても薄毛や抜け毛になるリスクは少なくなると言えます。ノンシリコンのシャンプーはシリコン入りのシャンプーと違い、必要以上に汚れを洗い流さないのでニキビやふけ、油性皮膚の原因となる「皮脂の過剰な分泌」や刺激の強いシャンプーで起きる「乾燥から来る異常なフケ」を起こすことはありません。体質によって身体に合ったシャンプーがあるので、自分の頭皮の質が脂性肌か乾燥肌かを見極めて使うことで、頭皮の状態をより良くしていくことができます。

 

皮膚にあったノンシリコンのシャンプーを普段から選んで使うことで、将来の薄毛や抜け毛を予防していきましょう。いまからでも遅くはありませんよ!

20代からの薄毛抜け毛の予防関連ページ

男性の抜毛の原因
男性の抜け毛の多くは別名AGA(Androgenetic Alopecia)とも言われ、思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が薄くなって抜けていく「男性型脱毛症」とも言われています。日本人男性
男30代からは本気で育毛シャンプー
30代になってくると薄毛や抜け毛が気になる人は多くなってきます。まだまだ育毛剤や発毛剤のお世話にはならないぞ、と思っている人も、髪の毛と永いお付き合いするには、日頃からの育毛ケアに気を遣う